2016年12月19日月曜日

2016年秋の活動報告

11月は行事が目白押しでした。
大学祭とワールドフェスティバル天理に参加した他、天理市文化センターにて外国語劇『ラ・マンチャのドン・キホーテ』を再演しました。
さらに、現在バルセロナのサグラダ・ファミリア聖堂で主任彫刻家を務める外尾悦郎氏(本学客員教授)が来学され、特別講演を行いました。外尾氏は学生達を前に、学生生活における大切な心構えについて熱く語られました。




また、スペイン語とポルトガル語の全国弁論大会が開催され、本専攻の学生達が大活躍してくれました。紅葉鮮やかな京都で、11月26日、京都外国語大学で第34回全国学生ポルトガル語弁論大会が開催されました。全国の6大学から総勢12名参加し、天理大学からはスペイン語・ブラジルポルトガル語専攻の学生4人(2年生2人、1年生2人)が出場して、大健闘しました。2年生の新城翔さんが在神戸京都ポルトガル名誉領事賞 (4位相当)、同じく2年生の竹原ひよりさんが京都ラテンアメリカ文化協会賞(7位相当)、そして1年生の深谷涼子さんが駐日ブラジル大使賞(特別賞)を受賞しました。みなさん、おめでとうございます!




 12月10日に開催された本学主催第46回全国スペイン語弁論大会では、本専攻から出場した南川遙さん(2回生)が見事優勝を果たしました!今回は天理大学以外に全国5つの大学から参加者があり、大変レベルの高い大会となったなか、南川さんは自身の体験に基づいた素晴らしいスピーチを披露してくれました。



南川さんは同時に天理市長賞を受賞。さらに本専攻の横山あさみさん(2回生、写真右)と鈴木みちのさん(1回生、写真左)が外国学科特別賞を獲得しました。学生達の努力と活躍を心から讃えたいと思います。また大会開催にご協力いただいた皆様に心から御礼申し上げます。











0 件のコメント:

コメントを投稿